トップページへ
ホクロ、それともガン?

 日本人に多い手のひらや足の底のホクロは、ガン化(悪性黒色腫またはメラノーマ)する率が比較的高いことは知られています。しかし熟達した皮膚科医でも肉眼で両者を見分けるのが困難な場合がしばしばあります。 そこで当院では最新の光学機器ダーモスコープを導入しました。この機器を使ったダーモスコピーという方法では、ホクロ、老人性のイボをはじめ、「色の着いた良性または悪性の病気」にメスを入れることなしに高い確率で見分けることができます。
 ダーモスコープのレンズを患部に当てるだけで、痛みなしに肉眼では見えない皮膚の中位の深さまで観察できます。手のひらや足の底に限らず、身体の多くの場所で「色のついた良性・悪性の皮膚病」のそれぞれ特有の像を観察できます。

ダーモスコープ

ダーモスコープを使って診察中の様子

手の平

ほくろ

長年手のひらにあったホクロが最近色が濃くなってきました。ガンかしら?

 

ダーモスコピー写真で良性のホクロと診断できました。一安心です。